インプラント治療

インプラント治療とは?

入れ歯がどうしても馴染めなくてイヤな人は、インプラント法があります。

このインプラントというのは、人工歯根と呼ばれ、顎の骨に歯の根に相当するものを埋めて、それを土台にして歯をつくる方法です。

こうすることによって、噛む力も天然の歯に近く噛むことができます。

最近では、インプラントの種類もいろいろ増えて前歯を治すのも審美性(外観)を考慮したものがでてきています。

このような材料を使って治療すれば、自然でかつ発音などにも支障ないため日常生活において食事するときはもちろんのこと、人と会って話をするときでも、何の違和感がなく快適的に生活ができるようになります。

当院ではインプラントの治療法として、All-on-4 (オールオンフォー)を用いた臨床を積極的に取り入れております。

All-on-4(オールオンフォー)インプラント治療とは?

All-on-4(オールオンフォー)インプラント治療とは、現在総入れ歯をお使いの患者様や、多くの歯を失った方、またインプラントを挿入するには骨が足りないと診断された方のための新しい治療法です。

従来のインプラント治療では、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的とされていました。

そのため、術後の腫れが大きくなったり、手術時間が長くなり費用がかさむという不安要素がありました。

一方、オールオンフォーインプラント治療では、インプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を均等に配分することによって、片顎4本づつのインプラントで全ての人工の歯を支えることが可能です。

これにより、上記の不安要素を解消することを目的とした治療法がAll-on-4(オールオンフォー)インプラント治療なのです。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療には、以下のようなメリットとデメリットが挙げられます。

  • メリット
  •  元の歯の働きがよみがえり、ご自分の歯と変わらない感覚を取り戻します。
  •  コンプレックスを解消し、自信や積極性が回復します。
  •  形・色ともに自分の歯と変わらず、自然で美しい見た目を取り戻します。
  •  金具などの使用がなく削らない治療のため自分の歯の保護に繋がります。
  •  付け外しの必要がなく自分の歯と同じように歯磨きすればいいため、お手入れが簡単です。
  • デメリット
  •  外科手術が必要となります。
  •  審査の結果、インプラント治療を行うことのできない場合があります。
  •  一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高いです。

当院でのインプラント治療


このようなお悩みはありませんか?


以下のようなことを、日頃思っている方は当院にご相談ください。


入れ歯が安定しなくて食事の時に噛むと痛い、話がしにくいという人

入れ歯にコンプレックスがあり、使うのがイヤだと思っている人

ブリッジのように、残っている健康な自然歯を削りたくない人

部分入れ歯を使っていて歯槽膿漏の人

経営者や管理職など、人前で話をすることが多い人

出張や旅行の多い人

入れ歯が原因で口臭の強い人

アナウンサーなどのように、しっかりとした発音の必要な職業の人。

スポーツ選手

交通事故などで、歯が折れてしまった人。

とくに外観を重視する人



入れ歯を支えるバネをかけている歯のほうが歯槽膿漏で弱くなっていると、その歯も次々に抜けていくことになります。

インプラントをすることで、他の歯への負担がなくなります。

気になる入れ歯に比べてインプラントなら安定感があり、外観も良く発音も明瞭になります。

入れ歯のようにめんどうな着脱の手間がいりません。

入れ歯よりもしっかりと噛みしめることができるために、力が出せます。

医療法人ハートフル会  すまいる歯科

札幌駅前ペリオ・インプラントオフィス

所在地

〒060-0034
北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-2マルイト北4条ビル2F

011-242-1182

診療時間

日祝
水曜日の診療時間は10:00〜20:00となります。
土曜日の診療時間は9:00〜17:00となります。
休診 / 日・祝