予防歯科(PMTC)

当院ではメンテナンス中心の診療システムを活用した「予防」に焦点を当てた歯科医療を提供しています。

生涯を通じて健康な歯を保つためにも、歯科医院とご家庭の、両方でお口の予防管理をしていくことが重要となるのです。

予防歯科の重要性

毎日歯磨きをしない人はいないと思いますが、『毎日、歯を一生懸命磨いているのに、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまうの?』と思っていませんか?

それは、歯の表面についているプラークが完全に除去できないことから起こるのです。

24時間以内に歯に付着しているプラークを完全に除去すれば、虫歯や歯槽膿漏になることはありません。

ご自分で磨いているつもりでも、磨けていないのが虫歯や歯槽膿漏になる原因です。

歯科医院に行ってブラッシング指導を受けてプラークを完全に取れる練習をしましょう!そうすることによって、一生ご自分の歯でおいしくお食事ができます

ポイント  お家での正しいブラッシング法

︎歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。

あまり力を入れすぎず、軽く磨きましょう。

︎歯ブラシは小刻みに動かします。

1ヶ所あたり10回~20回程度磨くことでキレイになっていきます。

上記の方法でブラッシングを行ってもうまくプラークが取れない方は、歯科医院のプロフェッショナルトゥースクリーニング(PMTC)を受けてください。

当院で行う予防治療(PMTC)とは?

PMTCとは、専用の機械とペーストを使って歯の専門家が行う、患者様のお口のクリーニングです。

虫歯・歯槽膿漏(しそうのうろう)を未然に防ぐ効果的な予防治療です。

歯肉に炎症がある人や歯槽膿漏に方は、特にこの方法が効果的です。 特に女性のかたは、男性よりも歯を失う率が高いという報告があります。

それは、妊娠・出産・育児など今までと生活環境が変化することに起因しているかも知れません。

そのためにも、今のうちから歯肉の状態を良くしなければならないでしょう。

また、出産や育児を終えた方で、もし以前に比べて歯が弱くなったあるいは歯肉が悪くなったと思っている方は、リカバリーが必要です。

がんばって毎日プラークを取るように心がけてください。 すばらしい笑顔は歯だけではなく歯肉も健康でこそ価値があるものです。

歯ブラシでは落とせない「細菌バイオフィルム」について

※イメージ

むし歯・歯周病はプラークが原因で引き起こされる疾患ですが、近年、歯の表面に付着し成熟したプラークは、「殺菌バイオフィルム」であることがわかってきました。

バイオフィルムとは「多種多様の細菌が複雑にからみあってきわめて安定した集落を作り、一種の共棲関係にあるような状態」をいいます。

このフィルムは、細菌が分泌する多糖体に守られ、強力に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができません

また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、付け薬、うがい薬などの効果も限定的です。

PMTCの流れ

手順1. 歯と歯の隙間と歯面の清掃

研磨ペーストを塗布し、専用のチップやブラシで清掃し、歯磨きで落ちない歯石や着色などを取り除いていきます。

手順2. 歯面の磨き上げ(ポリッシング)

歯面研磨材を塗り、光沢が出てつるつるになるまで優しく丁寧に歯面を磨いていきます。

手順3. 歯仕上げのフッ素塗布

最後の仕上げとして、抗菌作用と歯の再石灰化を促す作用のある“フッ素”を全体に塗布して終了です。 また、必要に応じて適切なホームケアをご提案し、口腔内の清潔な環境を維持します。

医療法人ハートフル会  すまいる歯科

札幌駅前ペリオ・インプラントオフィス

所在地

〒060-0034
北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-2マルイト北4条ビル2F

011-242-1182

診療時間

日祝
水曜日の診療時間は10:00〜20:00となります。
土曜日の診療時間は9:00〜17:00となります。
休診 / 日・祝