矯正治療

矯正(きょうせい)治療は、歯の表面にブラケット(金具)というものをつけてワイヤーの弾力を使って少しづづ歯を移動させて歯並びをきれいにする治療方法です。

当院の矯正治療では、以下のことを目指します。

周囲に気づかれない最新の矯正治療法とは?

最近この矯正にも審美的要素が加わり、ブラケットも金属のものから、あまり目立たないセラミックのブラケットに変わりつつあります。

最近では舌側矯正(ぜっそくきょうせい)と言って、歯の表側にブラケットをつけるのではなく、歯の裏側にブラケットをつけて歯を動かす方法が最新治療法としておこなわれるようになりました。

従来のものとはまったく異なった発想のもとに高い審美性(外観)とすぐれた機能性をかねそなえた方法なのです。

したがって、外からの目にはまったく触れませんから、治療中であることを人に気づかれる心配がありません。

そうしたメリットから特に口もとの美しさが要求される人たちをはじめとして一般の人々まで幅広く好評を得ています。

当院で扱う矯正治療法

ストレートライン・マウスピース矯正

歯列矯正の治療方法の一つであるストレートラインは、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を使わず、患者様ひとりひとりに合った、プラスチック製の透明マウスピースを使って、歯列を整えていく画期的な矯正治療法です。

他のマウスピース矯正と大きく異なる点は、日本伝統の「匠」の技による手作業であること。詳細な移動、緻密なかみ合わせにより、ほとんどの症例で「マウスピースだけの治療」が可能です。

ストレートライン矯正には、アクアシステムアソアライナーインビザラインエシックスなど数種類の矯正法があります。

これらのマウスピース矯正は、治療が可能な症例が限られていたり、マウスピースのみでの治療が困難な症例もあり、その場合、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を使う通常の唇側矯正との併用が必要でした。

ストレートライン矯正は、歯の移動方法やマウスピースの形態に特殊な方法を用いているため、ほとんどの症例にマウスピースだけで治療することができます。

また、治療期間が比較的短く(通常約半年~1年半)患者様への負担が軽減されました。

ストレートラインで使用するマウスピースは、ご自身で1~2週間ごとに取り替えて頂きながら治療が進行します。

ペットボトルの材料に使用される身体に害のない、厚生労働省の認可を得たペット素材を利用しておりますので、ご安心下さい。

小児矯正(ネオキャップ・ビムラー矯正)

お子様が矯正治療を行う場合、骨は軟らかく動きやすいため、成長する力を利用して顎の正しい成長を促すことで、スムーズに治療することができます。

当院で行う小児矯正では、「ネオキャップ」と呼ばれる取り外しのできない装置と、「ビムラー」と呼ばれる取り外し可能な装置を併用することで、歯の表面に矯正装置をつけずに最後まで歯並びを整える「ネオキャップ・ビムラー矯正法」を採用しています。

この治療法は国際機能矯正臨床研究会(IFOCS)より公式認可を受けている歯科医院でのみ受けることができ、当院はこのIFOCSの公式認定医院です。

ネオキャップ・ビムラー矯正には次のメリットがあります。

1. 夜の就寝時に装置を装着するだけで歯並びを改善することができるため、学校にいるときや外出中に装着する必要はありません。(※治療期間を短くしたい場合は、帰宅後に装置を装着することをオススメします)

2. 強い矯正力を利用して歯を動かす治療ではないため、痛みを最小限に抑えた「小さなお子様でも無理なく使用できる」矯正治療法です。

3. 従来の矯正治療とは根本的に考え方が異なる治療法のため、基本的に「抜歯すること」を前提としません。(※ただし、ケースによっては抜歯が必要となる場合もあります)

4. 歯だけでなく顎のバランスを考慮した治療法のため、顔の形が整いキレイな(かっこいい)顔つきの形成にも効果があります。

5. 根本原因である「お口周りの筋肉のバランスの悪さ」から改善していくため、治療終了後の後戻りの可能性が低くなります。

医療法人ハートフル会  すまいる歯科

札幌駅前ペリオ・インプラントオフィス

所在地

〒060-0034
北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-2マルイト北4条ビル2F

011-242-1182

診療時間

日祝
水曜日の診療時間は10:00〜20:00となります。
土曜日の診療時間は9:00〜17:00となります。
休診 / 日・祝